『リアクションではなくアクションを起こせ!!1vs1に強くなれ!!』9月28日スクールレポート

 

 

 

ブロッキングの復習!

1vs1のシチュエーションで最近多く活用される技術『ブロッキング』の復習!!

 

 

相手との間合いによって『スタンディングブロック』『Xブロック』を使い分けます!

 

フォームの獲得がメインですが、どのタイミングで発揮するのかも重要になります!

 

 

タイミングが遅いと簡単にゴールを奪われてしまいます!!

 

 

今日は1vs1のトレーニング!

ゴールキーパーにとって絶対絶命のピンチ!1vs1のシチュエーション!!

 

 

どのようにしてこのピンチを乗り切るのか!?

 

でも大丈夫です!!

 

 

しっかりとした理論があれば1vs1でもゴールキーパーが優位に立てます!!

 

理論を学んでピンチを救えるゴールキーパーへ!!

 

 

相手のドリブルの狙いどころは!?

1vs1は相手FWがボールを持っています。

 

 

不用意に飛び込むと簡単にシュートを入れられたりドリブルで交わされたりしてしまいます。

 

ではドリブルの狙いどころはどこでしょう?

 

それは相手の足からボールが離れた時です!!

 

 

ボールが離れた時には相手はシュートが打てません!ドリブルもできません!

 

そのタイミングを狙ってボールを奪ったり、相手との距離を詰めることが1vs1を防ぐ一つのポイントです!!

 

 

1vs1を防ぐためにGKがすべきこと!

1vs1を防ぐためにGKがすべきことがあります!

 

 

それはシュートに早く反応することや正確な技術を発揮することではなく(もちろんそれも必要ですが)…1vs1の状況になるまでの部分が大きなポイントです!!

 

 

そのポイントは

 

1vs1になるまでにどこにポジショニングを取っているか!

 

です!

 

1vs1になる前のパスがFWに届くまでにGKがどれくらいポジションを前に移動していて、相手FWがボールを触る時にどこにポジションを取っているかが重要です。

 

 

 

その距離が遠ければ、相手FWに簡単にコントロールされシュートやドリブルを自由にされてしまいます。

 

1vs1に勝利するためには相手FWがボールを持ってから勝負するのではなくボールを持つ前のポジション移動が勝負を決める大きなポイントです!!

 

 

リアクションよりアクションを!!

ゴールキーパーは相手のシュートに反応したり、相手の動きに対応するリアクションのポジションです。

 

 

しかし、上記したように相手が選択するプレーを事前に予測してポジションチェンジをする(アクション)ことで相手の攻撃の芽をつんだり、シュートを阻止する可能性を高めることはできます!

 

 

ゴールキーパーはリアクションだけでなくアクションを!!

 

 

京都GKスクール福知山はゴールキーパーが成長できる場です!!共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

京都ゴールキーパースクール福知山は

 

ゴールキーパーについて悩んでいる…

チームにGKコーチがいない…

ゴールキーパーがうまくなりたい…

シュートを止めたい…

 

 

というゴールキーパーの悩みを解決します!!

 

誰でも最初は初心者です!!

 

 

共にゴールキーパーについて学び、成長しませんか!?

共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

 

無料体験は随時受付しています!!

 

申し込みはこちらから!!

 

無料体験お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください