月別アーカイブ: 2022年5月

『DFの背後は俺に任せろ!!』福知山校5月17日スクールレポート

 

今回のテーマは『フロントダイビング』!

今回のトレーニングは『フロントダイビング』

 

 

6つあるダイビングの中の1つです!

 

どのようなダイビングかと言うと…

 

【フロント=前】なので前方へのダイビングです!

 

ではどのような時に使う技術なのでしょうか!?

 

 

どのような場面で使用する技術なのか?

フロントダイビングとはDFの背後へのスルーパスや相手FWのドリブルが大きくなったボールに対して使用する技術です!

 

 

転がってくるボールに対して前方へダイビングしてボールを奪い取ります!

 

この技術を身に付けておくことで、シュートを未然に防ぎ、失点のピンチを防ぐことができます!!

 

 

 

土でも痛みを軽減できる技術をつけよう!

フロントダイビングは前方へ走っていった勢いのままダイビングするので地面との摩擦で痛みを伴います!

 

 

ただ、他のダイビングと同様に正しい技術を身につけることでの痛みを軽減し、より勢いを持ったフロントダイビングを行うことができます!!

 

 

足の出す位置や方向倒れ方をしっかりと理解して、スピードと勢いのあるフロントダイビングができるようにしましょう!!

 

 

守るべきはゴール!?

フロントダイビングはDFの背後を守る時に使う技術です!!

 

ではゴールキーパーはどこに立つべきなのでしょうか!?

 

 

ゴールをつけたトレーニングの中ではゴール前にべったり張り付いてしまうキーパーがいます。

 

ゴールライン上にいるとDFラインとの間は大きく広がっています!

 

そうなると守らなければいけないスペースがとても広くなり失点する確率が高くなってしまいます!

 

 

ポジションを高く取り、DFとGKの間のスペースを消すことが必要になります!

 

取るべきポジションは直接のシュートを防ぐことができ、DFの背後も最大限守れる位置です!!

 

 

シュートを打たせて止めるより打たせないキーパーになれ!!

フロントダイビングを使うようなブレイクアウェイの技術は非常に重要です。

 

 

ゴールキーパーはシュートストップに目が行きがちですが、シュートを打たれてしまってはゴールを許す可能性があります!

 

 

ブレイクアウェイの場合は相手のシュート前にボールへアプローチして奪い取る!要はシュートを打たさないようなゴールキーピングです!

 

 

シュートを打たれなければ失点することはありません!

 

シュートを止めるゴールキーパーよりもシュートを打たれないゴールキーパーを目指そう!!

 

 

 

京都ゴールキーパースクールはゴールキーパーが成長できる場です!!共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

京都ゴールキーパースクール福知山は

 

ゴールキーパーについて悩んでいる…

チームにGKコーチがいない…

ゴールキーパーがうまくなりたい…

シュートを止めたい…

 

 

というゴールキーパーの悩みを解決します!!

 

誰でも最初は初心者です!!

 

 

共にゴールキーパーについて学び、成長しませんか!?

共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

 

無料体験は随時受付しています!!

 

申し込みはこちらから!!

 

無料体験お申込み

 

 

 

『幅のあるダイビングでゴールを守る!!』福知山校5月10日スクールレポート

 

 

アップはアクティブストレッチから!!

グランドに元気にきた選手はトレーニング前に各自でアクティブストレッチを行います!

 

 

いいパフォーマンスを出すためにも自分の身体の柔軟性や可動域を広げてトレーニングに臨みましょう!!

 

自分の身体は自分でしっかりと管理できる選手になりましょう!!

 

 

最初のトレーニングはキックから!

前回同様にリフティングでボールの当たるポイントを確認!

 

 

その後はゴールに向かってキックのトレーニング!

 

 

各自フォームを意識しながら行います!

 

 

ボールに当たる感覚!ボールを捉える感覚をしっかりと身につけよう!!

 

 

基本技術の反復

今回はバーを使っての基本技術の反復トレーニング

 

 

バーをジャンプした後にキャッチングローリングダウンを行います!

 

ポイントはできる限り基本姿勢を崩さないところ!

 

 

基本姿勢には足の幅手の位置、また重心の位置があります!

 

ジャンプをすることによって崩れた基本の姿勢を素早く元に戻し、ボールを対応できるようにしましょう!!

 

 

2人組でのトレーニングの意味

今回ウォーミングアップは2人組で行っています!

 

 

コーチからの配球ではなく自分達での配球

 

ペアの選手がどのようなボールを投げれば上手く技術発揮ができるか?

 

そのボールを正確に投げることができるか?

 

 

実際の試合の時に味方へのフィードを正確に行うことにつながります!

 

スクールではすべての動きがトレーニングです!

 

常にゴールキーパーを意識しながらトレーニングしましょう!!

 

 

ダイビングで幅を出す!

小学生は5m、中学生は7.32mのゴールを守らなければいけません!

 

ゴールの中心に立ってもそれぞれ最大で2.5m、3.66mの左右の幅を守ることが求められます!

 

その時に必要になるのはダイビングです!

 

 

ではどのようにして『幅』を出すのでしょうか!?

 

 

ダイビングで幅を出す時にはダイビング方向の足で地面を蹴ることが必要です!

 

 

その際にポイントとなるのが『ストレートライン』です!

 

 

ストレートラインとはダイビング方向とは逆の体の側面のことを言います!

 

このストレートラインをボールの方向にしっかりと傾けることが必要です!

 

 

ストレートラインがしっかりと形成できればあとは重心の移動です!

 

重心が身体の真ん中に残っていてはダイビングできません!

 

 

しっかりと移動方向へ重心を移動させ、力強く地面を蹴ってダイビングする事で幅のあるダイビングをおこなうことができます!!

 

 

何度も反復練習を行い、正確なフォームを身に付け、幅のあるダイビングでゴールを守れるようにしよう!!

 

 

 

 

 

京都ゴールキーパースクールはゴールキーパーが成長できる場です!!共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

京都ゴールキーパースクール福知山は

 

ゴールキーパーについて悩んでいる…

チームにGKコーチがいない…

ゴールキーパーがうまくなりたい…

シュートを止めたい…

 

 

というゴールキーパーの悩みを解決します!!

 

誰でも最初は初心者です!!

 

 

共にゴールキーパーについて学び、成長しませんか!?

共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

 

無料体験は随時受付しています!!

 

申し込みはこちらから!!

 

無料体験お申込み

 

 

『小学生でも絶対に跳べるようになるダイビング!!』洛西校5月8日スクールレポート

 

皆さん、こんにちわ。

濱コーチです✨

 

前回の大雨とは打って変わって、快晴の中、実施できたこと、嬉しく思います😊

また今回は体験の生徒が一人新たに参加してくれていました。

 

“全てのGKにより専門的な指導を”

 

いつでも新規体験申し込みお待ちしています。

もちろん、皆さんの周りに、GKの事で悩んでいる方おられたら、是非当スクールをご紹介下さい。必ず力になりますので🔥

 

さて…

今回のトレーニングでは

 

【移動】

 

にフォーカスしました!

 

FPもそうですが、GKは特に準備のプレーが非常に重要となってきます。

 

その準備を早くするためのアクションとしての移動のステップですね。

 

ここがしっかりできているだけで、全然違います。この後で少し触れていきましょう!

 

 

まずはいつものw-up

 

ボールフィーリング

 

 

今回は二人組で、行いましたね。

その中でボールを扱う技術だけでなく、お互いにコミュニュケーションをとりながらでないと難しいものもありましたね😏

 

 

基礎トレーニング

コーチ達が常に伝えている技術を、一つ一つしっかり確認しながらやっていきます。

まずは自分で理解する事

スクールでトレーニングする以上に自チームでトレーニングする事が多いので

 

よりスクールでのトレーニングは、手の形や出し方、構えなど、こだわりながらやってほしい!!

 

 

5.6年クラスでは、徐々にスクール生達にボールサーバーとして蹴ってもらうようにしていきます。

 

 

GKはシュートを止めるスペシャリストですが、それだけではありません!

全体に必ずボールを蹴る技術や力も必要です。

ドシドシここでは蹴ってもらうので、トレーニングしていきましょう!!

 

 

続いてローリングダウン

 

 

そしてダイビング

 

 

バーを今回は配置することによって、よりダイビングの際に地面を蹴り跳ぶことを意識します!

 

また、今回のトレーニングの中で新しく“ストレートライン”という言葉が出てきましたね?

 

 

ボールにダイビングするにあたり最短距離で向かうには

 

ボールに対して体を逆足から一本線を作ることによって

 

アプローチラインが綺麗に形成され無駄なく早くボールにアタックできます。

 

 

と言えども

 

意識しすぎると動きにぎこちなさを感じると思うので徐々に意識してやってみましょう。

 

まずはボールに対して目線を向けていれば、自然と身体もストレートラインを形成してくれます。

 

 

 

移動からのシュートストップ

基礎トレーニングの中で、ステップのことに触れましたが

 

ステップを速く、綺麗に、正しく行えれば何が良いのか?

 

 

・早くポジションに入れるから、余裕を持って準備ができる

・視界がブレずに安定すると、ステップからの次の移動がスムーズに行え、プレーも安定する

 

良い準備を行うためのステップ。

改めて普段のトレーニングの中から、さっきのシーン良い準備ができていたかな?

 

と自己分析する中でステップの所を意識してみてほしい。

 

 

そして、このステップをより行うために二箇所からの移動を伴う連続シュートストップ

 

 

まだまだ移動だけじゃなくポジションにずれがある。

 

自分で体の向きだけじゃなくて、しっかりとリトリートラインに入って出来ているか意識してやっていこう。

 

 

これも準備。

 

準備が全て。

 

日々のトレーニングの中で、良い準備が出来ていたか常に自問自答しながら

 

このスクールをキッカケに成長していってくれると嬉しいです。

 

 

今回も皆さん参加ありがとうございました。

また次回もよろしくお願いします。

 

 

 

京都ゴールキーパースクールはゴールキーパーが成長できる場です!!共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

京都ゴールキーパースクール福知山は

 

ゴールキーパーについて悩んでいる…

チームにGKコーチがいない…

ゴールキーパーがうまくなりたい…

シュートを止めたい…

 

 

というゴールキーパーの悩みを解決します!!

 

誰でも最初は初心者です!!

 

 

共にゴールキーパーについて学び、成長しませんか!?

共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

 

無料体験は随時受付しています!!

 

申し込みはこちらから!!

 

無料体験お申込み