『ボールに食らいつけ!!最後まで諦めずにゴールを守っていますか?』10月19日スクールレポート

 

 

技術トレーニングを積み重ねる!!

 

スクールでは1vs1に必要なフロントダイビングブロッキングの技術を反復練習しています。

 

 

土のグランドでも痛くないダイビングができてきています。

 

小学生の年代で正しい技術を身につけることは今後のゴールキーパー人生にとって非常に役立ちます!

 

 

正確にできるようになれば、あとはスピードを求めて反復しよう!!

 

正しい技術を京都ゴールキーパースクール福知山で身につけよう!!

 

 

 

1vs1のトレーニング(ドリブルのみ)

 

今回の1vs1のトレーニングでは最初に「ドリブルのみ」での1vs1の対応を行いました。

 

 

ドリブルしてくる相手に対してどのような姿勢で対応すれば良いのでしょうか!?

 

 

ドリブルしてくる相手に対してはできる限り低い姿勢で対応する必要があります!!

 

相手がシュートを打ってきた場合でもボールは下にあるので低いボールが来る可能性が高いです。

 

また相手のドリブルに対しても低いボールに素早く対応できるからです。

 

 

 

1vs1のトレーニング(シュート有り)

次に同じシチュエーションの1vs1でも「シュートあり」の状況でトレーニング!!

 

 

先ほどとは違い、相手はシュートかドリブルのどちらかを選択してきます。

 

ゴールキーパーはどのようにゴールを守れば良いのでしょうか!?

 

 

まず大切なことは「相手を観る」ということです。

 

相手が何をしようとしているのかを予測するためにも「相手を観ること」が必要です。

 

シュートを打ちそうなのか、ドリブルをしそうなのか。

 

右にドリブルしそうなのか、左にドリブルしそうなのか。

 

右足でボールを触るのか、左足でボールを触るのか。

 

相手を観ることで次にゴールキーパーが取るべき対応を選択することができます。

 

相手の動きを観て、正確に技術を発揮することで1vs1に強くなれ!!

 

 

 

最後まで諦めない気持ち

1vs1はゴールキーパーにとって非常にピンチな状況です。

 

技術を身につけてもすべて防げるわけではありません。

 

相手を観て対応しても全て防げるわけではありません。

 

ここで大切になってくるのは『最後まで諦めない気持ち』です!!

 

誰もが諦めてしまいそうな状況でもゴールキーパーは諦めてはいけません。

 

ゴールキーパーが諦めてしまうとフィールドの選手も諦めてしまいます。

 

どんな状況になってもゴールキーパーは諦めてはいけません!!

 

1vs1で抜かれたとしてもゴールラインをボールが割るまでは諦めずに「ボールに食らいつけ!!」

 

 

京都GKスクール福知山はゴールキーパーが成長できる場です!!共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

京都ゴールキーパースクール福知山は

 

ゴールキーパーについて悩んでいる…

チームにGKコーチがいない…

ゴールキーパーがうまくなりたい…

シュートを止めたい…

 

 

というゴールキーパーの悩みを解決します!!

 

誰でも最初は初心者です!!

 

 

共にゴールキーパーについて学び、成長しませんか!?

共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

 

無料体験は随時受付しています!!

 

申し込みはこちらから!!

 

無料体験お申込み

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください