『ピンチを救うのは適切な判断!シュートストップ?ブロッキング?フロントダイビング?』9月8日京都ゴールキーパースクール福知山スクールレポート

 

スクールの時間帯は気温も下がり、だいぶ涼しくなってきました!

 

トレーニングでは水分補給の時間もしっかりと確保していますが、自分の体調をコントロールすることはゴールキーパーとしてだけでなく、アスリートとして必要な能力です!!

 

トレーニングに合わせて食事や睡眠時間なども少しずつ意識できるようにしましょう!!

 

では今週も熱いトレーニングの様子を観ていきましょう!!

 

 

ウォーミングアップは全員で!

今日のボールファミリアは空間認知力を高めるトレーニングです!
 
 
ゴールキーパーにとって空間認知は大切な能力!
 
ボールがどこに、どのタイミングで落ちてくるのか?
 
 
ボールの跳ね方に選手は苦戦してました!
 
 
ボールフィーリングはどの年代にとっても大切なトレーニングです!
 
小学生にできて中学生にできないことも多々あります!
 
 
要は…やったことがあるか!?…経験値が大切です!
 
できるだけ早いタイミングでこのようなトレーニングをして空間認知力を養うことが重要です!
 

基本スキルは質も求めて!

基本スキルのトレーニングは質を求めよう!
 
 
ボールのスピードを上げたり、移動のスピードを上げたり、自分自身でより高い質を求めよう!
 
 
『もっと速いボールを投げてほしい』など自分自身で要求することが自分のレベルアップにつながります!
 
コミュニケーション能力もゴールキーパーにとって大切な力です!
 
コーチによるデモ!!
 
人のプレーを観ることは技術を理解するうえで、とても良い機会です!!
 
 
言葉だけのイメージではなく実際に観てイメージを頭の中に植え付けよう!!
 

ブロッキングのフォームの確認!!

先週に引き続き、ブロッキングのフォームをトレーニング!
 
 
なぜこのようなフォームで行うか?
なぜ手の位置はそこなのか?
 
を理解することが重要です!!
 
 
相手のシュートコースを理解しながら、どこにブロックを作るのか?まで考えて行いましょう!!
 
まずはフォームを確実に習得すること!!
 
細かい部分までコーチから修正が入ります!!
 
 
 

徐々にゲームに近づいた状況で!!

止まったボールから動かしたボールへ!
 
 
動かしたボールから相手FWへのスルーパスを想定したトレーニング!
 
 
トレーニングは徐々に試合に近い状況になります!!
 
試合をイメージしてトレーニングをすることを常に意識しよう!!
 
 

適切な判断をするためには!?

『ブロッキング』をテーマにトレーニングしましたが、最後のトレーニングでは少し違ったシチュエーションもでてきました!

 

 

ブロッキングでは守れない場合です!!

 

相手にシュートを先に打たれてしまう…

 

相手にドリブルで抜かれてしまう…

 

ブロッキングではじいたボールを決められてしまう…

 

などすべてがブロッキングで防ぐことができる場合ではなかったですね!?

 

 

ではどうしましょう!?

 

まずは適切な判断をしましょう!!

 

適切な判断とは!?…技術の発揮です!!そう!どの技術を使うのか!?です!!

 

相手との状況(距離など)を観て…

 

シュートストップをした方がいいのか?

ブロッキングなのか?

フロントダイビングなのか?

 

 

そしてその判断をするために重要なのが…トレーニングでも言いましたが…

 

『ポジショニング』

 

です!!

 

 

どこからスタートしているか?

どこのポジションに立っているのか?

 

が適切な判断を生み出す大きなポイントです!!

 

このポイントはゴールキーパーにとって様々な場面で必要とされる要素です。

 

とても大切なので忘れないようにしましょう!!

 

 

京都GKスクール福知山はゴールキーパーが成長できる場です!!共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

京都ゴールキーパースクール福知山は

 

ゴールキーパーについて悩んでいる…

チームにGKコーチがいない…

ゴールキーパーがうまくなりたい…

シュートを止めたい…

 

 

というゴールキーパーの悩みを解決します!!

 

誰でも最初は初心者です!!

 

 

共にゴールキーパーについて学び、成長しませんか!?

共にゴールキーパーを楽しみませんか!?

 

 

無料体験は随時受付しています!!

 

申し込みはこちらから!!

 

無料体験お申込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください